女優

高畑充希と坂口健太郎の馴れ初めは?「いつ恋」「とと姉」の連続共演?

高畑充希、坂口健太郎

ドラマ「同期のサクラ」でも人気の高畑充希さんですが、坂口健太郎さん順調にお付き合いをされていて結婚も間近などと言われていますね。

そんな高畑充希さんと坂口健太郎さんの出会いや馴れ初めはドラマ「いつ恋」「とと姉ちゃん」の連続共演がキッカケと言われています。

今回は2人の出会いから交際の馴れ初めについて紹介していきたいと思います。




高畑充希と坂口健太郎の馴れ初めは?「いつ恋」と「とと姉」の連続共演?

高畑充希さんと坂口健太郎が交際していることが2016年11月29日にわかりました。

馴れ初めはドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」で出会い「とと姉ちゃん」の2度目の共演で交際へと発展しました。

「いつ恋」での出会い

相関図

2016年1月18日から3月21日まで放送されたフジテレビのドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」で2人は出会うことになりました。

「いつ恋」は地方から東京に出てきた若者たちのリアルな今を映しながら、恋愛の美しさを描く本格ラブストーリー。

高畑さんは広告代理店で働きながら東京で華やかに生きる女「日向木穂子」を演じました。そして、坂口さんはルックスを武器に東京でサバイブしていく男「中條晴太」を演じましたがドラマの中での役柄は恋人関係ではありませんでした

ドラマ、共演者

このドラマの共演者たちみんな若く同年代で仲がよく、撮影修了後も集まるほどだったようです。そんな関係の中で自然にお互いを意識するようになったのではないでしょうか。

この写真では高畑充希さんと坂口健太郎さんがチャッカリ隣にいて引っ付いているのか、だいぶ距離が近いですよね。

「とと姉ちゃん」で交際

高畑充希、坂口健太郎

2016年4月4日から10月1日に放送された連続テレビ小説「とと姉ちゃん」でのドラマで「いつ恋」に続く連続共演で2人は交際することになりました。

亡き父に代わって母と妹たちを守る「とと姉ちゃん」と呼ばれ育つ小橋常子を中心に、戦前・戦後の激動の昭和時代をたくましく生き抜いてゆく三姉妹の物語と、彼女らが東京で女性のための雑誌を作る出版社を立ちあげ、雑誌「あなたの暮し」を刊行し一世を風靡する挑戦のストーリーを描く。

高畑さんは亡き父に代わって母と妹たちを守る「とと(父親)」の役割を果たし「とと姉ちゃん」と呼ばれる「小橋恒子」を演じました。そして坂口さんは過酷な環境下における植物の成長を実験・観察し岐阜に住む親に孝行をするため、新種の植物の捜索に情熱を注ぐ「星野武蔵」を演じました。

ドラマの中での2人のキスシーンがこちら

お互いを想い合う関係でしたが、現実世界でも2人は惹かれ合ったのでしょう。

ドラマ撮影は同じ時間を長く過ごしますし深く関わっていくことにもなるし、ドラマ共演がキッカケで恋愛関係に発展していく女優・俳優さんは結構多いですよね。




高畑充希と坂口健太郎は結婚間近?

2018年9月に高畑さんと坂口さんの「女性セブン」からの破局報道があったものの誤報で、2018年12月には同誌から交際が順調であることが報道されました。

高畑さんの誕生日に坂口さんがケーキを持ってマンションに帰ってきた所をキャッチされています。今でも仲良くされているんでしょうね。

さらに坂口さんは自身の両親に高畑さんのことを紹介されてるとのことで、結婚まではもう時間だけの問題ですね。最近の結婚ラッシュに乗っかって結婚発表なんてこともありかもしれません。

まとめ

高畑充希さんと坂口健太郎さんの出会いから交際の馴れ初めを紹介させていただきました。

2016年から交際が始まり、交際期間はもう3年にもなるんですね。芸能人は比較的短い交際期間で破局になるカップルが多い気がしますが2人はいまでも良い関係を築かれているようです。

時期やタイミングが合えば結婚発表もそう遠くない日にありそうですね、楽しみです。