エンタメ

田口淳之介が新曲配信?早すぎる復帰で炎上!執行猶予中なのになぜ?

田口淳之介

田口淳之介さんが11月4日に音楽活動再開を発表され、7日に新曲の配信をされることがわかりました。

ネットでは応援の声もありますが、「もう復帰するの?」「早すぎる」など炎上しています。

さらに懲役6カ月の執行猶予中でも復帰できるのか?復帰の理由について調査しました。




田口淳之介が新曲配信?

田口淳之介さんが活動再開の内容がこちら!

懲役6月、執行猶予2年の判決が言い渡されたKAT-TUNの元メンバー田口淳之介(33)が4日、公式サイトで活動再開を発表した。7日に新曲「Voice」を配信し、12月3日に都内でファンミーティングを行うという。

同曲は自社レーベルlmmortal-Recordsからリリースする初の楽曲で、「心の奥に押し殺した自分自身を声と共に解き放て! という強いメッセージを歌とアグレッシブなダンスで表現。困難な状況でも立ち向かう自身の姿を投影する1曲」と紹介している。

この日からファンクラブの新規入会受付を再開することも記した。

田口は「僕の新たな1歩を刻む楽曲が完成しました。協力してくれた仲間や支えてくれるスタッフに本当に感謝しています。力強い踊りで何事にも立ち向かう強さを表現しました。歌と共に僕からのメッセージを受け取って下さい」とコメント。

ファンミーティング開催についても「ファンの皆さんには大変お待たせする事になりましたが、僕とファンの皆さんだけの特別な時間を用意することが出来ました。この日は皆さん1人1人と心が通じ合える様に、しっかり準備してお待ちしています。楽しみにしていてください」と呼び掛け、「これからしっかり前に進んで行ける様に、努力して参ります。応援のほど何とぞよろしくお願い致します」と結んだ。

※提供元:日刊スポーツ記事

田口淳之介さんは小嶺麗奈さんとの事件の裁判で懲役6カ月(執行猶予2年と判決がでて間もないですが、この早すぎるとも言える芸能・音楽活動の再開には私も驚きました。

待っているファンの方がいて、新曲もできたとしてもさすがに期間やタイミングというものは考えなければならないのではないでしょうか?

今回のような件でこんなに早く活動再開する芸能人は見たことがありません。




田口淳之介が早すぎる復帰で炎上!

田口淳之介さんの早すぎる復帰、活動再開に世間の目は厳しいようです。

やはり誰もが疑問に思っているようですね。早すぎる、もう少し自粛するのが普通ではないかと。

田口さんは精神が図太いのでしょうか?

田口淳之介が執行猶予中なのになぜ復帰?問題ないの?

さらに、ここで皆さんも疑問・不思議に思うところが、執行猶予中でもこのような活動が自由にできるのか?なにか制限はないのだろうか?という所だと思います。

執行猶予について調べました。

執行猶予とは

執行猶予とは、刑事事件において被告人に有罪の判決が言い渡された場合に、一定の要件のもとに様々な情状を鑑みてその刑の執行を猶予し、その猶予期間を無事に経過すれば刑の言い渡しの効力を失わせる制度のことです。刑事事件で有罪となった被告人でも隔離した刑務所での更生ではなく、社会内での更生を期待することを目的とした制度です。

気になる執行猶予中の制限についてですが

執行猶予中の制限

普通に生活している限りには、特に制限はありません。結婚、離婚、引っ越し、就職などは自由です。旅行も、国内旅行なら問題ありませんが、海外旅行の場合、前科があるために渡航先の国に入国を拒否されてしまう可能性があります。

引用元:http://www.kyoharu.com/keiji/faq/category9/page5.html

重めの法律違反や再び犯罪を犯さなければ特段制限はないのです。

ですので、田口淳之介さんが芸能・音楽活動を再開すること自体は問題ないということになります。

なぜ今復帰なのか?という疑問ですが、田口さん本人も特に制限がないことを知っているはずなので、ご自身の気持ちの問題ということになりますね、、世間の目や評価よりも再開するという気持ちを選んだのでしょう。

まとめ

田口淳之介さんの活動再開についてですが、厳しい声や心配の声もありました。

同じ過ちを繰り返さないで、ファンや身の回りの大切な人を失望させないで欲しいと思います。

これからが本当の新たな一歩です。