エンタメ

【仰天ニュース】声優アイコ(神いっき)は多重人格強盗犯?生い立ちや本名は?

声優アイコ(神いっき)

12月3日の「ザ!世界仰天ニュース」で連続昏睡強盗「声優アイコ事件」を起こした声優iこと声優アイコ(神いっき)さんが取り上げられました。

声優アイコ(神いっき)さんは多重人格(解離性性同一性障害)で別人格が事件を起こしたと

今回は声優アイコ(神いっき)さんの声優アイコ事件と多重人格について、そして発症までの壮絶な生い立ちや本名についても迫っていきたいと思います。




【仰天ニュース】声優アイコ(神いっき)は多重人格強盗犯?

神いっきさんは多重人格(解離性性同一性障害)であり、女性の身体で生まれましたが心は男性でした。

そして乳房を取り去る手術をして男性の姿で男性として生活をするように

その後、彼女は「声優アイコ事件」を起こしたことがキッカケで多重人格であることを明かすことに。

彼女は女性の姿で声優アイコを名乗り、男性とデートをし睡眠薬入りのドリンクを飲ませ寝ている間に金品を強奪するとう事件でした。

声優アイコ(神いっき)

2012年からどれも同じような手口で5件ほどの犯行に及んでいた。

性転換手術まではしておらず、見た目も身体も女性だったため被害者男性達も無防備になっていたのでしょう。

被害届も出て、防犯カメラの映像や市民の情報などから犯人が神いっきであると浮上し逮捕されることに。

ここで、自身が多重人格である事を訴え、裁判では自分の知らない間に別の人格が犯行に及んだと主張されたのです。

神いっきさんには複数の人格がいて、わかってる人格が、、

  1. 神いっき(主人格)
  2. ミサキ(声優アイコ)
  3. ゲンキ(幼い子供)
  4. 女の子(ゲンキと同い年)
  5. コウジ

の5人の人格がいるとのこと。

多重人格障害により、犯行時は別人格であり責任能力はないと無罪を主張していたが長い裁判の結果、懲役10年を言い渡されました。




声優アイコ(神いっき)の生い立ちや本名は?

神いっき
  • 名前:神いっき(じん いっき)
  • 本名:神静香(じん しずか)
  • 生年月日:1984年生まれ
  • 出身:長野県南松浦郡
  • 中学:千葉市立若松中学校

神いっきさんは1984年長野県南松浦郡で生まれました。

彼女は中学生の頃から自分は男性であると自覚し始めた(性同一性障害)。

更衣室で着替えをする時に『自分は女子の更衣室にいていいのか?』と疑問を持ったと語られています。

家庭環境の方は父親がゴルフショップを経営していましたが、うまく行かなくなり自己破産をすることに。

それからは父親はギャンブルにハマり借金を作るようになり、家族に暴力を繰り返すようになった。

時に鉄アレイで殴られアザができるほどの事もあったらしく、母親はそんな中、生活や借金返済のために朝から晩まで働きづめに、、

彼女と父親との確執は深まっていったが、母親のとの仲はとても良好だったようです。

この頃に、性同一性障害について悩み始めていた精神状態のだった事と父親による最悪の家庭環境が重なり、多重人格を引き起こした可能性が考えられるのだと思います。

神いっき

性同一性障害に悩んでいた彼は10回ほど自らの命を断とうとしたこともあったそうなのです。

中学の卒業アルバムから、本名は「神静香」さんだということも分かっています。

「神いっき」という名前は男性として生きていくために改名した名前だったのです。




まとめ

仰天ニュースに取り上げられた声優アイコ(神いっき)について紹介しました。

自身の性別での心の悩みや壮絶な生い立ちにより複数の人格が生まれ多重人格者になってしまったのかもしれません。

現在はどこかの女子刑務所に服役して罪を償っているようです。