エンタメ

沖澤のどかの高校や大学はどこ?wikiプロフィールも紹介!

女性指揮者の沖澤のどかさんがフランスのブザンソン国際若手指揮者コンクール」で優勝という快挙を成し遂げました。

かつて小澤征爾さん優勝したという世界的指揮者の登竜門です。

これからの活躍も期待される沖澤のどかさんの出身高校や大学について調査しましたのでwikiプロフィールと共に紹介していきたいと思います。




沖澤のどかの高校や大学はどこ?

沖澤のどかさんが通われた学校はどこだったのでしょうか。

沖澤のどかの中学は?

中学校は公表されていません。高校が青森の高校なので地元の中学で間違いないでしょう。

沖澤のどかの高校は「青森県青森東高等学校」

小さい頃から音楽は続けいてたものの、高校は音楽関係の学校ではなかったのですね。

沖澤のどかの大学は「東京藝術大学」

大学は東京藝術大学音楽部指揮科でした。そしてその大学院も卒業。

音楽の専門的な学校に入学したのは大学からなんですね。

東京藝術大学の指揮科ではプロフェッショナルな指揮者としてオーケストラ音楽やオペラ、バレエ、オラトリオ等を幅広く指揮する学生を育成している所です。

そして実技レッスンや指揮者の授業等を通じて優れた音楽家、芸術家であるとともに、優れた人格と統率力を備えた指揮者を育てることを教育理念とされていて、ただ技術が素晴らしいだけではなくて人間性も兼ね備えた音楽家を育てる大学なのです。

大学院ではさらに深堀して高度で専門的に研究し、最後には実際にオーケストラで演奏を指揮して修了となるようです。




沖澤のどかのwikiプロフィール!

沖澤のどかさんのwikiプロフィールや成績など紹介していきますね。

wikiプロフィール

沖澤のどか
  • 生年月日:1987年4月28日 現在32歳
  • 出身:青森県
  • 好きな俳優:松重豊
  • 現在:ハンス・アイスラー音楽大学ベルリンに在学中

音楽との出会い(幼少期)

沖澤のどかさんが音楽と出会ったのは3歳の時でした。

母親が趣味でピアノを習っていてレッスンについていっていたそうです。お姉さんもピアノを習っていて家にピアノがあった。

いつのまにかにピアノを弾くのが好きになって夢中になってピアノを占領してしまっていた。『椅子から引き離すのが大変なくらいだった』というエピソードを話されました。

音楽で成功する人ってやっぱり小さい頃から音楽に触れているってイメージがありますよね~。

音楽との出会い(学生時代)

他に祖父が趣味でチェロを楽しんでいた影響からチェロも習います。

チェロ小学3年生から高校生の間続けられ、チェロと別にオーボエも始められました。高校生の時は音楽の道に進む気持ちそこまでなく普通の大学に行こうと思っていたそうです

ところが高校2年生の冬に短期留学でオーストラリアにホームステイしたことでカルチャーショックを受け、皆が行くような普通大学に無理に行かなくてもいいやと、やっぱり音楽がやりたいと思うようになった。

そして、受験まで期間がなかったので楽器での受験は手遅れすぎた、、、そこで指揮者なら行けるかもと受験したことが指揮者としての道の始まりになるとは驚きです。

何がどうなるかわからないものですよね、面白いです。

指揮者への道

その後、東京藝術大学にストレート合格!ここから本格的に指揮者としての経験を積み、指揮者としての道を歩み始めます。

ちょっとした挫折も経験し半年間休学するも大学最後の年に高関健先生との出会いから大学院への進学を決意されます。

大学院卒業後の現在はベルリンのハンス・アイスラー音楽大学に在学されています。

順風満帆だった訳ではなく、迷ったり挫折を経験されたり出会いがあったりと、色んなことを乗り越えたことで今があるんですね!

過去の成績

指揮者としてのこれまでの成績は

  • 「東京国際コンクール」(2018年)の指揮部門で第1位。※日本人としては18年ぶりで女性では初めての1位。輝かしい成績ですね。同時に「特別賞・齋藤秀雄賞」を受賞されています。
  • 「イタリア・オペラ・アカデミー in 東京」(2019年)で日本人として唯一、巨匠リッカルド・ムーティから受講を許される。
  • 「ブサンソン国際若手指揮者コンクール」で優勝。(2019年9月21日)同時に観客とオーケストラ演奏者が選ぶ「観客賞」と「オーケストラ賞」にも輝く。

 


広島交響楽団の音楽総監督の下野竜也さんも教え子の沖澤のどかさんに対して

『ずば抜けた才能。昨年の東京のコンクールでの優勝といい、まさに開花しているところですね』 

とコメントされています。

最近になって素晴らしい結果を残され始めたのですね。才能の開花のはじまりなのでしょう。




まとめ

沖澤のどかさんの出身の学校やwikiプロフィールなどを紹介させていただきました。

本当に実力のある女性で今回のブザンソン国際若手指揮者コンクール」で日本人が優勝したのは8年ぶりになんです。

沖澤のどかさんは可愛らしくて優しそうな柔らかい雰囲気で人に好かれそうな印象ですし人気もでてきそうです。

これからが楽しみですし、指揮者に興味を持つ人も増えるかもしれませんね!