スポーツ選手

西田有志のスパイクの最高到達点は?ジャンプ力と筋肉が凄すぎる!

西田有志

世界バレー初戦で西田有志選手の大活躍により世界ランク3位のイタリアに見事勝利しました!

まだ19歳という若さの西田有志選手が凄まじいスパイクとジャンプ力でイタリアから大量得点を奪ったのです。

そんな西田有志選手のスパイクの凄さと最高到達点、その原動力になっているジャンプ力と筋肉について紹介していたいと思います。




西田有志のスパイクが凄い!

西田有志

イタリア戦での西田選手のスパイクには本当にワクワクしました!

これは世界に全然通用するし、こんなスパイクが打てる日本人がいるんだなと感動しました。

ヤバイでよね。このスパイクを武器にガンガン得点し球速は110キロ超え

バレー界の逸材の誕生ですね!

西田有志のスパイクの最高到達点は?

西田有志

西田選手のスパイクの最高到達点は346㎝です!そして西田選手の身長は187㎝です。

これがどのくらい凄いのかというと、日本代表の平均の最高到達点は約338㎝。そして平均身長は約190㎝。

西田選手の身長は高い方でないにも関わらず、平均値を8㎝も上回る到達点でかなりの跳躍力があり、チームメイトの192㎝の石川選手と同じ高さを誇っているんです。

発展途上でまだまだ伸びる可能性を秘めているので楽しみですね。

西田有志のジャンプ力と筋肉が凄すぎる!

西田選手の強烈なスパイクと高さを生み出しているジャンプ力と筋肉に迫っていきたいと思います。

西田有志のジャンプ力

西田有志

西田選手がスパイクをする時のジャンプ力を中京大学の田内教授に解析してもらうと、なんと96㎝も飛んでいることがわかりました。


人のジャンプ力ってなかなかわかりにくいですが、目の前の人が1m近くジャンプしているとイメージするとその凄さがわかると思います。

常人離れした全身のバネと鍛え上げられた筋肉がこのジャンプ力を生み出しているのです。

西田有志の筋肉

西田有志

西田選手は全身の筋肉が非常に優れていて、筋肉が付きやすいという先天的な体質も力になっています。

見た目でもガッチリしていて太ももの太さも目立つのがわかりますよね。

学生の頃から自宅(三重県のいなべ市)で自主的にトレーニングをして身体作りをしっかり行なっておられます。

そして高校3年生の時にジェイテクトで指導してもらいそのトレーニング方法も取り入れてさらに本格に身体作りに励んできた。

高いジャンプ力を出すには、足の筋肉だけでなく、ジャンプする直前に手を振り上げる力や背中をそる力(背筋力)も必要なのです。

下半身だけでなく上半身の筋肉も凄いからこそ、ジャンプ力にも繋がるし強いスパイクも打てるのです。




まとめ

いかがでしたか?西田選手のスパイク、最高到達点、ジャンプ力、筋肉について紹介いたしました。

  • 最高到達点:346㎝
  • スパイク時のジャンプ力:96㎝
  • 筋肉:全身が凄い

という事がわかりました。

今まで日本の男子バレーは世界の壁がまだまだ厚いなぁといったイメージでしたが、今年は過去最強のチームではないでしょうか。

まずはワールドカップ出場のため、西田選手の活躍を本当に期待しています。