スポーツ選手

中村匠吾の中学は内部中学校!過去の成績やプロフィールを紹介!

中村匠吾

中村匠吾選手が「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」見事1位に入賞し、東京オリンピック男子代表に内定されました。

中村選手は今まで目立った選手ではなくあまり知らない人も多いかと思いますが、中学生からマラソンを始められ学生時代から現在に至るまでの多くの成績を残されています。あとイケメンですね。

中村選手の中学校と今までに残された成績やプロフィールを紹介していきます!




中村匠吾の中学は内部中学校

内部中学校

中村匠吾選手の通っていた学校は三重県の四日市市にある四日市市立内部中学校です。

この内部中学校の陸上部に入ってから中村選手は実力と実績を積み重ね始めたのです。中学時代では三重県中学校駅伝大会で区間賞を獲得するという記録を残されています。

現在も内部中学校には陸上部があり、県大会以上の大会に参加するという高い目標を目指して活動しているようです。

中村匠吾の過去の成績やプロフィールを紹介!

中村選手の過去の成績とプロフィールを紹介します。

中村匠吾

中村匠吾の過去の成績

中学時代
  • 三重県中学校駅伝大会で区間賞(2007年)
高校時代
  • 沖縄インターハイ5000mで3位で日本人では2位に入る好成績(2010年)
  • 5000mで高校歴代7位に(当時)タイムが13分50秒38という同世代での最高記録保持者に(2010年)
大学時代
  • 全日本大学駅伝6区 区間3位                 (大学1年)
  • 箱根駅伝3区 区間3位                    (大学2年)
  • 関東インカレ2部10000mで優勝               (大学3年)
  • 日本選手権大会の10000mで5位               (大学3年)
  • ユニバーシアードにハーフマラソン代表として出場 銅メダル(大学3年)
  • 世界ハーフマラソン日本代表として出場 3位                          (大学3年)
  • 出雲駅伝1区 区間賞獲得                                                         (大学3年)
  • 全日本大学駅伝1区 区間賞獲得                                               (大学3年)
  • 箱根駅伝1区 区間2位                                                              (大学3年)
  • 箱根駅伝1区 区間賞獲得                                                        (大学4年生)
富士通入社後(富士通陸上部)
  • 第63回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会の5000mで6位、日本人では最高記録(2015年)
  • 第64回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会の5000mで5位、日本人では最高記録(2016年)
  • 第44回全日本実業団ハーフマラソン6位 日本人でトップ(2016年)
  • 第101回日本陸上競技選手権大会の5000mで3位(2017年)
  • 初のマラソンとなる琵琶湖毎日マラソン7位 タイムは2時間10分51秒で日本人ではトップ(2018年)
  • ベルリンマラソンに出場 タイムは2時間8分16秒で日本人トップの4位(2018年)

    人生通してずっとマラソンをされているんですね。一つの事ずっと続け実績を積み上げているのは本当に凄いことだと思います。

    中村匠吾のプロフィールを紹介!

    中村匠吾選手のプロフィールを見ていきましょう。

    中村匠吾
    • 名前:中村匠吾(なかむら しょうご)
    • 生年月日:1992年9月16日の27歳
    • 出身:三重県四日市市
    • 身長:172㎝
    • 体重:55㎏
    • 血液型:A型
    • 趣味:ショッピング
    • 好きな食べ物:焼肉
    • 所属:富士通陸上部
    • 中学校:四日市市立内部中学校
    • 高校:上野工業高校(現在の伊賀白鳳高校)
    • 大学:駒澤大学経済学部経済学科
    • 現在:富士通入社 富士通陸上部

    学生時代から陸上(マラソン)を一貫して続けています。

    自己ベストタイム(現在)

    • 5000m:13分38秒93
    • 10000m:28分05秒79
    • ハーフマラソン:1時間01分53秒
    • 30㎞:1時間30分11秒
    • マラソン:2時間8分16秒




    まとめ

    中村匠吾選手について紹介させていただきました。

    中学時代からずっと走ってこられ、中学、高校、大学、現在と着実に成績を残されてきて、その実力も兼ね備えています。

    そして今回のMGC優勝。そして東京オリンピック出場本当によかったですね。

    イケメンだしこれから注目が集まるでしょうし楽しみですね!

    関連記事:前田穂南のサングラスメーカーは『SWANS』値段や購入方法