エンタメ

【宮迫と亮の謝罪会見】が吉本興業の暴露会見になっている!内容は?

謝罪会見

2019年7月20日に雨上がり決死の隊宮迫博之とロンブー亮の謝罪会見が行われました!今回の詐欺グループとの宴会や金銭の享受の内容や真実に触れる中で、吉本興業との会見に至るまでのやり取りや不信感や納得のいかない事などについて話しはじめました

では吉本興業とのやり取りはどのような内容だったのか?今わかっていることを紹介していきたいと思います




謝罪会見ができない

当時、宮迫は反社会的勢力などと本当に知らず金銭をそのまま全額もらった訳ではなく、宴会や打ち上げ代金をギャラから払い余った金額をもらっていた

他の芸人はお車代くらいのギャラだろうという認識でギャラはもらってないということでいいと、問題になんかならないだろうと自分勝手な判断をしたとのこと

事実が明るみなってくる中で、宮迫と亮はお互いに話し合いここまで問題になって、多くの人に迷惑をかけているのだから本当のことを言おう!謝罪会見を開きたいとのことで吉本興業に懇願!

ところが吉本興行からは謝罪会見はするな!SNSなどでも発信してはいけないとのストップがかかった。岡本社長からは「こんなことで引退はさせない」引退もダメと言われていた

弁護士からも「会見の成功はない、傷口を広げるだけ」と言われ会見行うことも真実を伝えることもできない状態になり、嘘をついている状態ではいられないので何度も何度もキチンと会見を開かせて欲しいと相談するが納得できない理由で断られ不信感が募る

結果、自分達で弁護士を立てることになった

引退か謝罪会見か選べと言われた

吉本の意向を振り切って謝罪会見を行うにあたって、最終的に引退か謝罪会見をするか選べと2人は言われたようです

関連記事:加藤浩次が吉本退社でスッキリ降板か?

社長から会見をしたら「今回関わった芸人全員クビにするからな」という圧力的なことも言われる

弁護士をつけたことを会社が悲しがってる、2人のことファミリーだと言ってる。亮は「ファミリーだというのなら子供が正しいことを止めるのが親ではないかと思う、それが原因で不信感しかなくなった。ちゃんと謝れるようにせなかを押してほしかった!」と言っていました

なぜこんな対応をされたのかは謎のようです

事実上の契約解消

宮迫の契約解消は決定事項だが今回の謝罪会見を2人が行ったことで事実上ロンブーの亮も契約解消ということになるようです!

理由がロンブー亮は吉本から契約解消とは面と向かって言われておらず公にはなっていませんが、謝罪会見をする流れの中で宮迫と亮も契約解消という話であったため、亮自身は契約解消との認識をしており事実である契約解消にして欲しいと自身が言っていました




まとめ

今回の結果は詐欺グループとは本当に知らなかったとはいえ嘘をついたことが大きな原因だったと思います

しかし話が変わってきて記者会見の中で始めは真相や事実についての話しでしたが、だんだん吉本興行との意見や想いの食い違いや不信感などの話が中心になっていました。

少しでも早く真実を伝えたい2人:真実を伝えることを止める吉本興行

しかも吉本興行がメディアに伝えてることと2人の話していることも違っているという展開になっていてとても気になります!

2人のこれから先のこともにも注目が集まると思いますが、今回の会見の中で生じた吉本興行の闇の部分や真実にも目が向けられることになるでしょう

今後もまだまだ目が離せません!