エンタメ

美山加恋が子役時代に草薙剛と共演【僕カノ】現在までの出演作品紹介

美山加恋

女優で声優の美山加恋さんが「仮面ライダーゼロワン」に出演することがわかり話題になっています。

美山加恋さんは子供時代に草薙剛さんと「僕と彼女の彼女の生きる道」で凛ちゃん役で共演したことで一躍有名になりました。それから現在にまでにドラマや映画、声優など多岐に渡って活躍されています。

そんな美山加恋さんについての紹介、草薙剛くんとの共演や子役時代から現在までの出演作品などもとめてみました。




美山加恋のプロフィール

  • 名前:美山 加恋(みやま かれん)
  • 生年月日:1996年12月12日
  • 出身:東京都東村山市
  • 身長:152㎝
  • 血液型:AB型
  • 趣味:漫画、アニメ
  • 特技:お菓子作り、フラダンス、韓国語
  • 所属:ホリプロ

美山加恋さんがデビューしたのは2002年で舞台「テルテル坊主の照子さん」でした。6歳という年齢でしかも舞台からのデビューだったんですね!

美山加恋さんは当時『天才子役』として注目されていましたが、誰なんだろう?って思う人もいますよね。実は現在までに[ドラマ・舞台・映画・アニメやゲームの声優・吹き替え]など多岐にわたる女優・声優の活動をされてきているんです。

韓国ドラマの「IRIS-アイリス」の出演がきっかけで自ら韓国語を学び、ハングルを読めたり日常会話までもできるそうで。努力家でもあり、マルチな才能を持っているんですね。

美山加恋が子役時代に草薙剛と共演【僕カノ】

美山加恋さんが世に名を知らしめるキッカケとなったのが2004年に草薙剛さんと共演したドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」で、凛ちゃん(小柳凛)の役を演じ「天才子役」として注目を集めるようになったのです。

美山加恋

美山加恋さん(7歳)可愛すぎです。

草剛くんが演じるのが、突然妻に別れを告げられた銀行員。その1人娘の小柳凛を演じたのが美山さんでした。

娘なのに常に敬語で話し、冷たい父親の態度に言いたいことも我慢してただ「はい」と答える。小さい子供が大人に気を使う健気な演技とその演技力に見ていた人達は衝撃を受けました。

この時、ザテレビジョンドラマアカデミー賞で「助演女優賞」「新人賞」のダブル受賞をされました!

美山加恋、草薙剛

ドラマ共演当時、美山さんは『大人になったら草薙くんと結婚する』って言っていたそうですよ(笑)

美山加恋の現在までの出演作品

子供時代からかなりの数の作品に出演されているので、抜粋して紹介していきます。

舞台
  • てるてる坊主の照子さん(2002年デビュー作)
  • 終わりのセラフ(2016年)
ドラマ
  • 僕と彼女と彼女の生きる道(2004年)
  • ちびまる子ちゃん(2006年)
  • 砂時計(2007年)
  • ギルティ悪魔と契約した女(2010年)
  • 下町ロケット(2011年)
  • 独身貴族(2013年)
  • マザーズ 母達の願い(2016年)
映画
  • いま、会いにゆきます(2004年)
  • アイリス(2011年)
  • サクラサク(2014年)

2016年から声優も目指し、多くのアニメ作品などに出演するようになりました。

テレビアニメ・劇場アニメ
  • エンドライト(2016年)
  • プリキュアシリーズ(2017年)
  • アイカツフレンズ(2018年)
  • あさがおと加瀬さん(2018年)

女優だけでなく声優としても、これだけ活動されてる人って凄いですね。




まとめ

いかがだったでしょうか?美山加恋さんについて紹介させていただきました。

美山さんをテレビで見たのは久しぶりでしたが、今ではもうすっかり綺麗な大人の女性になっていました。

今回の「仮面ライダーゼロワン」の出演をキッカケにまた見かけることが増えるかもしれませんね。

ぜひ頑張っていただきたいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。