エンタメ

國母和宏の家は北海道!仕事はバックカントリーの映像制作で世界一に!

國母和宏

逮捕されてしまった國母和宏さんですが、現在住んでいる北海道の家が特定されてしまっています。

スノーボードを辞めた現在は北海道で暮らしながら「映像作成」の仕事をしていて、世界一の成績まで収められいます。

今回は国母和宏さんの家や仕事(職業)について調査しました。




國母和宏の家は北海道!

國母和宏、子供

現在、國母和宏さんの家は北海道にあります。そこで妻と子供3人と暮らしているのです。

家はログハウス風の大きな家。そして敷地の広さがなんと500坪!広大な自然の中で生活されていました。

國母和宏 國母和宏

これは「消えた天才」の番組で放送されたのですが、細かい場所や住所は特定されてしまっているでしょう。

北海道の自然が多い地域は土地が安いと言いますが、これだけの大きな家と敷地を手にするにはやはりそれなりの資金を持っていらっしゃるのでしょう。




國母和宏の仕事はバックカントリーの映像制作

國母和宏さんの現在の仕事は映像制作「バックカントリー」というジャンル。さらに世界一にまでなっています。

詳しく見ていきましょう。

バックカントリーの映像制作って何?

國母和宏さんがされている映像制作でバックカントリーとは

未開地、農村地帯、辺境地方のこと。スポーツ・レジャー用語としては、人工的に作られたゲレンデではなく整備されていない天然の雪山を指し、そこを滑ることを「バックカントリースキー」「バックカントリースノーボード」などと称する。

自然とふれあえる、手つかずの新雪を楽しめる、アドベンチャー感覚を味わえるといった魅力により近年人気が出ており、バックカントリーツアーやバックカントリースキー大会などが行われている。

簡単に言うと人工的に整備されていない天然自然の山ということです。

よく急激な角度の自然の雪山をスキーやスノーボードで滑り降りるという危険でハラハラする映像を見たことがあると思いますが、そういった映像を制作されているのです。

國母和宏さんが制作されているのが主に「スノーボードで滑走する映像」です。自身も滑ります。

基本的にはアメリカで映像制作をされているので北海道の家には年に数ヶ月しか帰れないそうです。

映画制作の舞台で世界一に

國母和宏さんはスノーボードの映像制作でなんと世界一に輝いていました。


「スノボ界のアカデミー賞」といわれていて、ここでも素晴らしい才能が開花されたのですね。

年収も1億近くと凄い収入に驚きです。世界一にもなるとこれくらいの収入を手にできるんですね。

まとめ

今回は國母和宏さんの家や仕事について紹介しました。

しかし、せっかく仕事でも素晴らしい成績や収入を手にしていたのに今回の事件で全てが台無しに、、

北海道に住む子供さんや奥さんが心配ですが今後はどうなるのか心配です。