時事ネタ

河村たかし市長の息子は会社の社長!?学歴や家系も凄い?

河村たかし

河村たかし名古屋市長が慰安婦像展示者への謝罪請求など何かと世間を賑わせていますが、その息子さんである「河村篤前」はなんと会社の代表取締役社長をされています。

河村家の家業である会社に専務として入り現在は社長になっています。

ただ息子であるというだけで社長に就任した訳ではなさそうで、その学歴や家柄も凄いようです!

そんな息子さんについて調査していきたいと思います。あまり情報はないかもしれませんができるか限り詳細をお伝えしていきますね。




息子は会社代表取締約社長

息子さんは河村家の家業である河村商事株式会社の代表取締約社長をされています。2002年に社長として就任されたようですね。

会社の経営理念

「経営理念」

事業内容は古紙や段ボールを回収していろんな資源や製品にしていくリサイクル業です!

創業は昭和12年5月とかなり長い歴史のある会社で、創業から10年以上存在する会社が約6%しかないという中で今でも残っていることは凄いことだと思います。

地域への貢献や繋がりを持ち事業所も増やしていて今でも会社は発展しているようで、なかなかの手腕を発揮されてるように見受けられます!

息子の学歴や家系

学歴と家系も凄い事がわかりました。

学歴

父の河村たかしと同じ大学の一橋大学経済学部を卒業されています。この大学も難関校なので息子さんも優秀な学生だったんでしょうね!

一橋大学

家系

家系に関しては尾張徳川家に仕えた尾張藩士書物奉行の家系であると河村たかし自身が発言されています。

徳川家に仕えた河村秀根が河村家(たかし)の先祖にあたるそうで、河村家は学問の家柄として名が通っています。

河村秀根の「日本書紀」注釈書である「書紀集解」は、河村家家学の代表作というにとどまらず、現在においても書紀注釈の中の最高峰ということで、素晴らしい家系の一族なんですね!

家族みな高学歴ですし、やはり家系というのは少なからず影響を与える物なのかもしれないと思いました。




まとめ

今回は河村たかしの息子、河村篤前さんについて調査してみました。

わかったことは

  • 稼業の河村商事株式会社の代表取締役社長
  • 学歴は一橋大学経済学部
  • 徳川家に仕えたのた尾張藩士書物奉行の家系

という事でした。一般の方ですし情報はあまりなかったですが

会社も順調のようですし父の河村たかし同様、優秀な人間である可能性が高いですね!

いつか息子さんも政治に関わることもありそうですね。

それでは読んでいただきありがとうございました!