エンタメ

巨大仏の仙台大観音が怖い理由!高さと場所が普通じゃない?

仙台大観音

仙台の巨大仏の仙台大観音がでかすぎてラスボスみたいと話題になっています。

仙台市泉区に建てられていてウルトラマンなどの特撮のCG画像か?と思ってしまったのですが、どうやらCGなどではなく本物の巨大仏だったのです!

この仙台大観音を怖いと感じる地元の人や旅行者がいるようでその理由をリサーチしてみましたので紹介します。




巨大仏の仙台大観音が怖い理由

仙台大観音が怖いと言われる理由は普通じゃない高さと場所にあるようです!

高さが普通じゃない

仙台大観音の高さはなんと100mもあり日本で2位の大きさを誇ります。ビルなどの建物以外で100m級の仏像などほとんど見ることはないでしょう。足の大きさも15mもあり人間の足が平均25㎝くらいとするととんでもない大きさですよね。

これだけ巨大だとやはり迫力も凄いし威圧感も半端ない。仏像の独特の表情や不気味さもより怖さを増して感じてしまうのだろうと思います。

場所が普通じゃない

仙台大観音は建っている場所が遠く離れた郊外とかではなく普通に街中に建っているんです!

しかも巨大すぎて市内のどこからでも見えてしまうところも怖さを感じる部分だと思います。ふとした時に視界に入ったり、夜に見上げて見えてしまうと恐怖を感じたりするそうです(笑)

小さい子供さんはトラウマになってしまう人もいるだとか、、、

地元で長く仏像を見てきた人でさえ怖さを感じるひともいるんですね。私も小さい頃はとても怖がりだったのでこんな巨大な仏像が地元にあったらトラウマみたいになっていたかもって思います。




まとめ

今回はこの巨大な仏像を怖いと感じる人もいてその理由は何かをリサーチしてみました。

  • 凄すぎる高さと大きさが理由で迫力や威圧感や怖さを感じる。
  • 市内のどこからでも見える場所にあり避けようにも目に入ってしまう。

という理由でした。

私も仙台大観音のようなこんなに大きな仏像があることを始めて知り驚きでした!そりゃ話題になもなるし見てみたいと思う人もたくさんいるのではと思いました。

最近は過疎化や若者離れで街の活気が失われていってるところが多いですね。これをキッカケに仙台を訪れる人が少しでも増えるといいなと思いました。